携帯サービスの活用
イージーな販売促進

「雑誌広告」、これはお客さんにとって非常にお手軽です。
お客さんは広告を見て、または能動的に調べて自ら判断して店に出向いていきます。
これに対して、「電話営業」や「キャッチ」、これは超ヘビー。
お客さん個人の領域に踏み込んでの販売活動となります。
効果も高いが、逆効果のリスクも大きい。

イージーな販売促進は効果は薄い反面、お客さん自身が選択するので嫌われることは少ない。
販促手段として必要なのはこの「イージー」さ。
携帯電話を使った販売促進は、お手軽で、いつでもできて、直球型ですね。
* 更新日*
2009-06-25 23:56:32

一覧へ